引っかかってしまった子どもの歯科健診に悔悛……

次男の3歳健診が先日あったのですが、上の前歯に「虫歯になりかかってる」界隈があると言われてしまいました。3歳まで虫歯がないと生涯虫歯になりにくいとか言いますし、甚だショックです。

どれだけ嫌がろうという、足で両手を押さえつけて仕上げ磨きは毎晩敢然とやっていたつもりでしたが、漠然と上の前歯が黄色っぽいな、は思っていたんですよね。

歯医者のウォッチングの前に行われた、唾液ウォッチングで口内に虫歯バクテリアが多い時局、とか言われちゃいましたし……これもかなりの驚がく。小さい子の虫歯は完全父兄の役割とも言いますし、それは当然なんですけど。

振り返ってみれば、次男坊、両者まぶたというだけあってなんだかんだゆるかったな、というのです。

長男が1,2歳の内なんて、飲料をがぶがぶ飲ませる、なんてことは総じてなかったし、デザートだって赤ちゃんせんべいとか昔ながらの和菓子とか、或いは果実とか。そんなのばっかりあげていた気がします。長男はおっぱい・卵アレルギーということもあって、今現在も洋菓子なんてざっと圏外ですし。

それに比べると、次男はなんでも長男と一緒。長男が飲料を飲めば一緒に飲み込むし、ゼリーを食べれば一緒に摂る。しかも、アレルギーもないから長男が幼稚園でゼロのときに、クッキーをあたしと共につまんだりして。

書いてて、父兄として情けなくなってきました。……何かと成長決める点は多いなぁ、という。

依然として虫歯ではない、歯みがき頑張れ!といった歯科クリーン士君からも励まされたので、生え変わり旬まで進行させないみたい、決断を入れたいと思います。その日、1日効果が持続する制汗剤って、あるのかしら?